最近の新卒大量採用の採用支援の傾向を詳しく解説します

最近の新卒大量採用における採用支援の傾向についてですが、大企業などの場合、このような不景気でも新卒を大量に採用するケースがあります。ただ、この「大量に採用する」という理由に関しては、実際のところ営業などがある大企業の場合には「辞めていく人を想定しての大量採用」という面があり、そのために、「辞めていく人を少しでも減らすために」採用支援のサービスを利用する、という特徴があります。もちろん、採用支援サービスをしてもらえる方が、当然のことながら、新卒の方にとっては心強いものです。採用支援の傾向としては、上記のような営業タイプの会社の場合には、「お辞儀の作法」「相手をどうしたら惹きつけることが出来るのか」「名刺の渡し方」などの、マナー関連の採用支援を行ってくれる傾向が強いです。

採用支援があることで頑張ろうとする社員もいる

昨今では、よくニュースなどで、「最近の若者は根性がない」と言われている傾向があり、確かに「ゆとり教育」という傾向から、昔ならばあり得なかったような内容で、新人の方々が次々に退職していく、という傾向が多いとされています。一方で、このような背景があるにしろ、企業によっては、まったくの新人の方に、今すぐ営業をとってこい、とすぐに放り出してしまう企業さんもあるため、これも辞める原因の一つ、とも指摘されています。しかし、採用支援サービスがある企業などの場合には、このようなことを無理強いはしません。基本的に、まずは営業のノウハウなどを、採用支援を通して新人の方々に教える他、お客様に失礼のないように、礼儀作法を教え込むので、このような採用支援があることで、頑張ろうとする社員さんも多くいるのです。

意外にも重要な採用支援の一つとは?

金銭授受などが当たり前となっている金融機関関連、またはレジなどを行うサービス部門、など、このように「お金を取り扱う仕事」をされている企業さんの場合には、採用支援として、とても重要なものの一つに「お金に慣れる」というものがあります。実際に、犯罪を起こさない社員さんほど、お金にはとても恐怖心を持っており、銀行系列では札束を扱うことは、極めて多いのですが、「お客様のお金」ということもあり、また見たことがないほどの札束などに震え上がってしまい、うまく計算が出来ない、このような方が非常に多いです。そこで、このような企業さんが採用支援として依頼するサービスの一つに、金銭授受をしっかりと出来るように指導をしてほしい、というものがあり、こちらの支援のおかげで、数え間違えなどがないように、またお金に慣れていくことが出来るのです。

個人情報の対策も万全を期しています。 他社からの切り替えを検討の会社様も一度問い合わせください。 リクログの月額費用は7万円からとなっております。 当社の東京都中央区日本橋にございます。 受付時間は平日の9:00~18:00になります。 採用の単価や各媒体の応募効果などを数値化することができますので採用クオリティが格段に高まります。 600社以上の導入実績がございます。 採用支援システムの見直しを検討されている方はこちらをチェック!