採用支援を利用するメリットとデメリット

採用支援を利用する企業の中には、初めて新卒採用を行うというベンチャー企業やここ数年は新卒採用をストップしていた企業などが存在し、企業が求めるレベルの人材の質、量がなかなか確保できないために、採用支援のサービスを利用するというところが存在します。単に採用支援をしてくれるだけではなく、どのようにすればよりよい人材を確保できるのか、どの部分を強調して伝えていけばいいかなど、提案を受けたうえでそれを実行していくことでどちらにとっても高めていくことのできる関係性となります。今回得られた質と量を長い間維持し、それを自らのノウハウとして蓄えていくことができるかどうかも大事であり、そうした部分にメリットやデメリットが凝縮してくるというのが実情です。

採用支援を頼めばコストがかからないメリット

採用管理という仕事は採用に関する業務だけでなく、その品質管理までを行い、そこで利益が生み出されるわけではないため、負担はかなりのものです。また経営状態によって新卒採用の人数を変えていくことになるため、あまり固定したコストを割くということはしにくいのが現状です。採用支援を頼めばこうした費用は流動費化することができ、採用管理なども一手に担ってくれます。すると、企業側は採用戦略や実際の選考などに集中することが可能となり、よりよい人材を確保することができます。そして、長い付き合いとなればお互いに企業文化などを熟知する関係性となり、よりよい提案をすることができ、さらなる改善や質や量の向上に寄与することになります。採用支援をお願いすることでこうしたコスト面でのメリットが大きいことが言えます。

求職者との関係性を構築しにくいデメリット

採用支援をお願いすることでコスト面だけを見ればかなりの効果が期待できます。しかし、当然ながらデメリットも存在し、それが求職者との関係性の問題です。採用支援の業者にある程度任せていると、例えば電話連絡などもそこが行うことになります。すべてを業者に任せ、選考だけは企業がやるという仕組みは、入社するまでに関係性を縮めさせるということを阻害することにもつながります。また、採用人数が多ければ効果を発揮するものの、中小企業などの場合はむしろコストがかかる、お金をかける意味がない場合もあります。採用支援をお願いするにしても一部の工程だけにし、ノウハウを自社で蓄積させる意味合いでも、求職者との連絡など誰がやってもいいわけではない工程に関しては自分たちで行うことが大切です。